ドンムアン空港国際線 制限エリアでの水購入はどこが安いか

先日バンコクのドンムアン空港で、国際線の出国手続きとセキュリティチェックを終えた後、ペットボトルの水を購入しようとしたら店によって価格差がそこそこあった。

まずはセキュリティチェックに近いほうから。

バンコクのモールならたいていある有名な日本食レストラン、Fuji Restaurantはドンムアン空港の出国後制限エリアに小さな店を構えているが、この店は持ち帰り用の販売も行っていた。

エビアンのペットボトル1本の値段は48.15バーツとある。なぜかキリのいい値段でない。

次に向かいのマクドナルドの横の、冷蔵ケースのところ。FIJIが1本85バーツで、その下のPurraが1本40バーツ。

マクドナルドのはすむかいにあたるところにある、ドラッグストアのBootsではFuji Restaurantで48.15バーツで売っていたエビアンが60バーツ。ドラッグストアなのにレストランより高い。

最後にお土産がメインのTHE MALL SKYPORT。

ここは、Mount Plane(というブランドだったと思う)が1本25バーツで一番安かった。

ちなみにこのTHE MALL SKYPORTは一見普通のお土産屋さんなのに、中に入るとカップ麺が売っていてしかもお湯の用意もあり、その場でお湯を入れて食べることもできるので、どうしても搭乗前にカップ麺が食べたい場合?は重宝する。

バンコク市内ならたいてい1本10バーツから20バーツで買えるペットボトルの水が、空港内だと高い値段になってしまうのは、仕方ないかもしれないが、価格差が店やブランドでそこそこあったのでよく確認してから買うのがおススメ。ブランドにこだわりが無いなら、THE MALL SKYPORTが一番安くて一択となるが、最近はバンコクのいろんな物価も上がりつつあるので、この水の値段も今後変わったり、上がっていくのかもしれない。

ちなみにドンムアン空港発着に多いLCCは、飲食物の持ち込み禁止のところが多いけれど、水ぐらいは持ち込んでいる人が多いのが実情かと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする