MATIMでカオソーイを食べて見た

先日、バンコクでカオソーイを食べたいな、ということになり、最近できたMATIMという店に行って見た

場所はこのあたり。以前同じようにカオソーイが食べたくて訪れたNa Changraiと同じ通りにあった

お店はこんな感じ。道路に対して完全にオープンエアな作り

お店の看板はこれ。小さくて読みにくいが、2018年開業とある

お店の中はこんな感じ

今回はカオソーイとカノムジーンをオーダー

付け合わせの野菜類は奥のテーブルからとってくる仕組みだった

こんな感じで好きなものを好きなだけとってきた。インゲンが単品であるのは珍しいかも

レモングラスのジュースもオーダー。右下に小さくLess Sugarとあるが、タイの標準的な飲み物の甘さからの”Less”のようで、個人的にはフツーの甘さに感じた

やがてオーダーしたカオソーイとカノムジーンが到着

同行者がオーダーしたカノムジーンはこちら。葉の形をしたお皿に盛り付けられていた

カオソーイはこちら

お味はスープも麺もまずますなのだが、チキンが冷めたままで入っていてちょっと残念だった。スープは後から辛さがくるタイプだった。

個人的にはこのMATIMのカオソーイより、Na Changraiのカオソーイの方が好みだったが、スープや麺は美味しかったので機会があればまた訪れたいと思った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする