香港でのトランジット時間を利用して香港の街に出てみた

少し前バンコクに向かう際、香港でのトランジット時間が比較的長いチケットだったので、数年ぶりに香港の街を見てみたく、いろいろ歩いて見た

当日は、朝の香港航空の便で香港へ

14時ごろに香港空港に到着

イミグレーションを通過したのち、A21のバスに乗って佐敦付近で下車した

まずは麺が食べたくて麥文記麵家へ

場所はここ

蝦入りの雲呑麺をオーダー 34HKDだった

雲呑は麺の下にあったが、とても美味しかった

食後は隣のこちらのお店へ移動

メニューはこんな感じ

目当ては牛乳プリンだったのだが、間違えてタマゴプリンをオーダーしてしまった

まあ、でも見た目よりあっさりしたお味で美味しかった。お値段は22HKDぐらいだったかと

食後は、尖沙咀へ移動してスターフェリーに乗った

スターフェリーの中は変わりなく昔のままだった

けれど、外の景色はかなり変わったような気がする。初めて香港に来たときには

左側の101タワーとかその周りのビル群は建築中だった

スターフェリーを降りて中環へ向けて歩く。右手にIFCビルにあるアップルストアが見えた。そういえば昔iPhoneの充電ケーブルを持参するのを忘れてこのアップルストアで購入したことがあった

さらに歩き進めると、真ん中に赤色の帯が入った信德中心ビルが遠くに見えた。昔マカオに行っていた時はこのビルまで歩いてフェリーに乗っていた

一旦、IFCビルの中に戻ってぷらぷらと歩く。このコーヒー屋さんが面白そうだったが、あいにく満腹だったのでまた次来たときに寄ることにした

さらに中環方面へ歩いていき、このお店へ

場所はここ

有名店らしいが何やら張り紙が多い。ミニマムチャージとか高額紙幣不可とか

メニューもこんな感じで張り紙してあった

夕方の中途半端な時間だったけれど店内は満席。オーダーしたのは

ミニマムチャージ50HKDを少し超える牛肉麺55HKD

牛はとても美味しかったけど麺とスープは好みではなかったなあ

食後に近辺を歩いてみるとちょっと気になる店発見

ジェラートに鶏蛋仔をのせて食べるらしい。満腹だったので、こちらも次回訪問時にトライということにした

さらに歩いて、MTRを乗り継いで黃埔まで来た

初めて香港に来たときに泊まったのが黃埔のエリアのホテルだったが、その頃はMTRは来ていなく、紅磡あたりからバスで移動していたが、MTRが開通して便利になったようだ

今度泊まってみようと思っているホテルをちょっと見てみたり

近くに煎餅(Jianbing)の店があったのでちょっと見てみたりしてみた

この店は作っているところが外から見える

メニューはこんな感じ。煎餅(Jianbing)はまだ食べたことないので、機会があればトライしたい

このエリアに空港からバスで来るにはE23が便利ということがわかった

バス停名はKun Yam Street, Wuhu Street

とりあえず、次回来る時の下調べはできたな、ということで黃埔駅まで戻る

その後旺角あたりをぷらぷらしながらも、少々疲れたので空港に戻ることに

帰りのバスはA20だった

この後、23時ごろの便でバンコクへ向かった。

トランジットの時間が長めだと、こんな感じで街中を歩くことができて良いので

また今度別の場所で試して見たいなと思った

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする