チュア・キム・ヘンへ行ってみた

先日、バンコクで同行者が少し前にテレビで紹介されてたから行ってみたい、ということで、チュア・キム・ヘンというレストランに行ってみた。

場所はここ

ペチャブリー通りを東へ、エカマイより少し先に進んだところだが、エアポートリンクのラムカムヘン駅から歩いていける距離にある。ペチャブリー通りから来る場合は陸橋を上がらないず下の道を進む必要がある

お店はこんな感じ

見てのとおり、オープンな構造のお店なのだが、ペチャブリー通り沿いで陸橋の終点近くでもあり、通行量が多くちょっと騒音が大きい

店内はこんな感じで開放的だった

駐車場へつながる道路を挟んで店は分かれており、反対側のスペースではタオトゥンのようなデザートを売っていた

このデザートだけを車で買いに来ている方もいたので、多分評判がよいのだろう

このお店は中華料理店なのだが、ガチョウの肉が有名らしい。メニューにもガチョウ料理が目立つところに掲載されていた

他にも魚料理も有名らしかった

今回はガチョウの煮込みと

魚の浮袋のスープ

あと、たぶんキャベツの炒め物をオーダー

ガチョウは見た目ほど濃い味でなく、MKとかで出てくる鴨肉よりはあっさりした感じでよい味付けだった。オーダーするとでてくる手前の黄色いタレにつけるとさっぱりした味わいになってちょうどよかった

以上の3品に飲み物やご飯をつけてだいたい600バーツぐらい。高くもないけど安くもないかな、という感じがした

ところでこのお店、移転が決まったらしい

移転先はラマ9付近らしいが、移転後に新しいお店になったらどう変わるのか、訪れてみたいなと思った

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする