ScootのBid 4 BizとMaxYourSpace (隣席購入サービス)

先日、バンコクに行くのに使ったのはScootだったのだが、

搭乗の3日前ぐらいに「Explore different positions…」というタイトルのメールがきた。

Bid 4 BizMaxYourSpace (隣席購入サービス)の案内だった。

Bid 4 Bizはこれ

入札でビジネスクラスにアップグレードできる、というもの。

この時のミニマムビッドは、9,000円からとなっていた。

ネットでいろいろ探すと7,000円で入札できた、とかいう話もあったから

タイミングか空席状況とか、何か条件でミニマムの金額も変わるのかもしれない。

MaxYourSpace (隣席購入サービス)は、こんな感じ。

追加料金で隣席を確保できるサービス。

このときは5,000円で1席、9,000円で2席という案内だった。

帰りの便は空席が少なかったのか、申込不可だった。

どちらのサービスも申込をしたら、搭乗の1日前ぐらいまでに結果が知らされる仕組み。

ダメだったら料金はかからないので、損することは無い模様。

とはいえ、折角節約したくて往復3万円ぐらいで買ったチケットに追加料金を払うのかどうかは悩ましいところ。9,000円追加で払って片道ビジネスに乗れるならお得、とも思えるが、仮に往復で18,000円払ったら、LCCでないフツーのエアラインのチケット買えたよなあ、とも思えて。

隣席確保も5,000円は悩ましい。個人的には、寝ているときに隣席の人とぶつかったりするのがストレスなので、夜行便になる帰りのほうが申し込む価値がある気がするのだが、今回はそもそも申し込めない状態。

という訳で今回はどちらにも申し込まず、別途座席指定だけ申し込んだ。

ちなみに、Scootでチケットをクレジットカードで購入すると支払手数料が発生するが、

後から座席指定を申し込んでも支払手数料に変更が無かった。

最初に購入したときに、支払手数料1,600円が設定済。

座席指定購入後の明細も変わらず支払手数料1,600円。

支払手数料がクレジットカードの決済手数料だとしたら、金額が変わるので

改めて請求されるのかと思っていたのだが、そうでは無かった。

まあ、良かったのだが支払手数料ってナニモノか?の疑問は少し残る。

金額が大きく変わったときも同じなのだろうか。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする