VAT Refundは少額でも手続きしておきたい

タイでのお買い物の話。

タイで1つの店で2,000バーツ以上買い物して、そのお店がVAT Refund(付加価値税還付)に対応しているなら、とりあえず手続きしたほうがよい。

2,000バーツ以上というと、靴とかカバンとか少しは値が張るものを思い浮かべてしまうが、実は大抵のものがVAT Refundできてしまう。

先日、バンコクのSiam Paragonでお土産としてお茶やドライマンゴーなどをいくつか購入してたらいつの間にか2,000バーツ超になっていたので、VAT Refundをサービスカウンターで申請。黄色い申請書に名前や住所とかを記入すると、あとはカウンターのスタッフが何やら入力して申請書を作成してくれるのを持ち帰るだけだった。

Siam Paragonのサービスカウンターはここ。

黄色い申請書は出国時、チェックイン前にスタンプをもらっておく必要がある。ルール的には出国前ならいつでもよいようだが、チェックイン前がよいのは、商品によっては現物確認が求められるため。

スタンプをもらう場所はスワンナプームだと、ここ。

タイ国際航空のカウンターからだと”一番遠い”ところだ。延々と空港を歩いて反対側の隅まで歩いていく必要がある。自国のエアを使うと不便というのはなんだかなあ、と思うのだが。JALだとそれほど遠くはない。

申請書にスタンプを押してもらったら、個人的には商品はスーツケースに入れて預け荷物にしてしまってよいと思う。高価な品物の場合は、チェックイン後の払い戻しカウンターで商品を見せて確認してもらうことがあるようだが、そういう高価な品物を買ったことがないためか、今まで一度も払い戻しカウンターで商品確認を求められたことがない。

払い戻しカウンターは出国後のコンコースにある。

時々この払い戻しカウンターが行列になっていて待たされることがあるので、VAT Refundを受けるならば早めに空港に行って手続きしたほうがよいと思う。

手続きを終えると払い戻し金額と書類の控えが渡される。

この時は、手数料の100バーツを抜かれて払い戻された金額が100バーツちょうど。

たかが100バーツとはいえ、次回この100バーツで何かを買うことができると思えば、払い戻しの手続きの手間なんて大したことないと思える。

VAT RefundはCentral のような大きなモールなら大抵扱っているし、店員も慣れているので購入時に「VAT Refund」といえば、どこで手続きすればよいか教えてくれる。
モールの中だと、店(テナント)ごとに手続きする場合もあるので、購入時に確認したほうがよいが、混雑していなければ10分程度で済む作業なので、忘れずにやっておきたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする