エアアジアのフライトを変更してみた

先日、諸事情で購入しておいたバンコク行きのエアアジア(タイエアアジアX)のフライトの日程を変更することになったので、その手順を記録とメモを兼ねて。

まず、予約番号から変更したいフライトを選択。

今回はバンコク(ドンムアン)から成田の旅程の日程を変更。

変更をクリック

次の画面で出発日の変更をクリック

カレンダーが出てくるので、変更したい日付をクリック

次の画面で、フライトと席種が選べる。この時は割引運賃(プロモ)が販売中。

右側にその金額が表示されている。

次の画面で、連絡先等に変更がないか確認する。

特に無い場合はこのまま次へをクリックで良いが、右側の金額表示欄にFlight Changeという変更料が表示される。タイ発だと2,500バーツらしい。

Flight Changeの上の受託手荷物20kg 1,000バーツの表示は、変更前のチケットが手荷物込みだったのがそのまま表示されている。

次の画面で搭乗者の情報に変更が無いかと、アドオンの手荷物とか機内食とかの変更を確認する。旅行保険の追加も可能。

この後、その他のアドオンや座席指定もできるらしいが今回は必要なかったので次の画面へ。

ここで予約内容の確認と、既にこのチケットに対して支払い済みの金額と、予約変更にかかる費用が未払い総額として初めて表示される。

1つ前の画面まで、Flight Changeで2,500バーツと表示されていたのに、未払い総額には3,700バーツと表示されるので、少々混乱するがそのまま支払いの画面へ。

この画面にクレジットカード情報を入力して変更を確定させるが、金額と内訳を確認しておきたい。

まず画面の右側には今回の支払いの明細が記載されており、Flight Changeの費用を含め7,480バーツであることが分かる。さらに画面の真ん中付近に、このチケットに対して支払い済みの金額(12,852円)が3,780バーツとタイバーツに換算されて表示され、その下に右側の総額7,480バーツとの差額である3,700バーツが未払い額と表示されている。この金額を支払えば予約が変更できる、ということになる。

つまり、エアアジアでのフライト変更の金額算出方法は概ね、

変更時点で予約できるチケットの金額+Flight Change費用-支払い済みの金額

ということになるようだ。

ただ、受託手荷物手数料が最初表示された1,000バーツから700バーツに変わっていた(青線部分)のは謎。安くなったから良いとしておく。

クレジットカード情報を入力して支払いを完了させると次の画面が出て予約変更が完了し、メールで新しい旅程表がPDFで送られてくる。

以上の手順で予約の変更ができた。同様に行きの成田からドンムアンへのチケットも変更できた。

ただ、往復でFlight Change費用が合計5,000バーツかかってしまったのは残念。もともとプロモ運賃で購入したチケットで、且つ変更後もプロモ運賃で購入できたのでお得感が半減した程度で済んだが、変更後の運賃がプロモ運賃でなければ、元のチケットの使用は諦めて別のキャリアの安いチケットを購入した方が総額で安く済むケースもありそうなので、よくよく調べてから変更するかどうか決めた方が良いかと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする