カオヤイナショナルパークへ行ってみた

先日、カオヤイへ行った際、カオヤイナショナルパークへ行って見た

THE PAZ KHAO YAIから向かったので、2090号線をナコーンラーチャシーマ側から向かった

カオヤイナショナルパークは国立公園ということらしく、入園料が取られる

入園料が徴収されるゲートにはこんな感じの看板がある。左側の青いパラソルの下にいるのが徴収する係員。

なお、入園料は一人当たりタイ人40バーツ、外国人400バーツという、なんともすごい設定だった。あと50バーツ余計に取られたけど、あれは何だったんだろう…

タイの観光地で外国人価格が設定されているところは今まで何箇所か行ったことがあるけど、10倍の価格差は初めてだったかも。

このゲートはこの辺り。18時で閉じるそうなので要注意。

このゲートを過ぎると本格的な山道になる。道は非常に整備されているので普通の乗用車で全く問題なく進めるのだが、目的地のビジターセンターまでは結構な距離がある。

途中のビューポイントと呼ばれるところで駐車して、景色を眺めて見た。

場所はここ

景色はこんな感じ

山の上に来た、という感じがする。ただ結構登った気がするのに全然涼しくない。

季節的な理由もあると思うが、タイの山は多少標高が上がったぐらいで涼しくならないらしい

その後、渋滞もなく順調にドライブでき、目的地のビジターセンターに到着

場所はここ

ビジターセンターはこんなところ

案内所の入り口はこんな感じ

道路を挟んだ反対側には食事を取れるところが完備されていて、ここに並んだ店で購入して近くの休憩所で食事できる

タイ料理のお店がほとんどだった

案内所の奥に、Kong Kaeo waterfallというのがあるというので行ってみることに

こんな吊り橋があるが、ここは渡らずに右手に折れたところにwaterfallはあった

Waterfallはこんな感じ

もう少し下流からみるとこんな感じ

うーん、Waterfallの和訳が「滝」だとしたら、日本の滝からみるとかなり小規模なイメージ。

そもそも先ほどの吊り橋の下を流れている川を見れば、川の流れがゆったりとしているので

日本の河川のような急流+落差の激しい滝、にはならないのは分かっていたけど、名所としてアピールするほどではないような、という気はした。

このWaterfallを見学したあと、車をもう少し先まで走らせてみた。先ほどのビジターセンターからはナコーンナーヨック県側に入るのだが、こちらは山岳地帯というより、高原地帯のようで綺麗に整備されていたが、これと行った目的地が見つけられず、この時は引き返すことにした。この後、来た道を戻って麓のThe Chocolate Factoryへ向かった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする